忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2017.09.26 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新台入替えについて

2007.06.13 - 新台入替について
今回は、新台入替えの考察です。

「新台入替えは出る」、
こう言った言葉はどこまで信じて良いのか?
データを交えて解説していきたいと思います。

普段の回収率を80~85%(お店の利益率15~20%)
これが、回収日にはまず10%は落ちます。(75%以下)
逆に出す日で、92~95%位の回収率となります。

この話を聞いて、
「土日の回収日でも、出玉の見た目は変わらないよ」
と言う方はお店の、見た目のトリックに
引っかかっている方です。

稼動率が上がると、出玉は増えます。しかし、
お客が満員で、その内の半数が2~3箱積んでいるから
出ている風に見えるだけです。平日お客が飛び飛びで、
その中の数人が4~5箱積んでいるより、
出ていないのに、出ている風に見える
逆に言えば、見えるから店は利益率を上げれるのですが。

実際、2~3箱積んでいて、それを1000円で当てていれば
10000円位儲かっている訳ですが、
実際に2~3箱積んでいる人の大半は、
初期投資に10000円位つぎ込んでいる筈ですので、
プラスマイナス0と見ておくと、事実が見えてきますよ。

さて、この新台入替ですが、新台コーナー初日は
110%程度の回収率となるようです。
コーナー全体で110%ですので、当然ながら、
120%出た人がいると、90%の人もいる訳です。

実際のスロットで言うと、等価交換で10台入替があったとして、
各台の設定は、6、5、5、4、4、3、3、3、2、2となります。
これで、大体110%の出玉率となります。(ノーマル機)

設定的に長時間打てば勝てるのは設定4以上ですので、
10台中勝てるのは5台、残り5台は負けてしまいます。
(波と引き次第では勝てるかもしれませんが、逆もまた然り)
設定3をトントンとすると、明らかな負けは2台です。

そして、2日目が100%前後の回収率に落ちます。
同じく等価交換で10台の入替とすると、(ノーマル機)
各台の設定は、5、4、3、3、3、2、2、2、2、2となります。
明らかな負け設定が5台、半々の確率です。

3日目は90%前後の回収率へ、
それ以後は、ほぼ通常営業の回収率(80%前後)です。
ちなみに、等価交換の通常設定だと、
4、2、2、2、2、1、1、1、1、1です。

回収日の70%以下の回収率だと、
2、2、1、1、1、1、1、1、1、1、となります。
この中で、波と引きの紛れで1台か、2台出る台が出てきます。

ちなみに、昨今は「開店プロ」と言われる
開店だけ(110%の時)だけを狙った人が現れたのと、
ストック機のストック貯めを行う為に、
3日目や2日目の回収率を初日に行う店もあります。


新台のセオリーは、派手に出ている様に見える必要があるので、
「どちらかの角を出す」(出ている反対側の角は出ない)です。
どちらかと言えば、休憩所側や通行量の多い通路側です。
お客の目に入り出玉量が
新台の宣伝になる必要があるからです。
ちなみに、反対側の出てない角の隣(2番目の台)は、
逆に設定で言えば4程度にするのが、セオリーです。

次に、出ている台の1台次の台(角が出ていたら、3番目の台)
連続して出すより、視覚的効果が高いのが
「飛び飛び」に出すです。

先程の、新台初日の設定6、5、5、4、4、3、3、3、2、2を、
セオリーで配置させると、6、2、5、3、4、3、4、3、5、2
となります。これが、一般的な設定師の新台初日の配置です。
(機種や、換金率、お店の新台機種にかける意気込み等
によって設定は変わります。↑はノーマル機)

あくまで、セオリーでこのようなケースが通用しない場合も
もちろん考えられますが、セオリーとは、
「最も出ている様に見える視覚効果の高い設定配置」です。
店側が視覚効果の低い設定配置をする事は、
新台以後の経営的にも不利なので、
基本の設定配置を無視は出来ないのです。
皆さんも、新台でババ(最低設定)を引かないように、
覚えておいて損は無いと思います。

闇雲に打つのでは無く、理論的な立ち回りで、
確実に新台で勝利をゲットしましょう!!
PR
▼ バーコード
▼ 注目の情報!
▼ おすすめ情報 その1