忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2017.05.30 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

打って良い台、悪い台 その4

打って良い台、悪い台の考察代4回です。
今回は、店長(設定師)の癖をつかむです。

閉店後に店長(設定師)はバイトや店員が帰った後、
台の設定を変えます。

台の設定は新台3日間以外の日と
給料日後の土日のオール最低設定落とし以外の日は、
毎日毎日全台変える訳ではありません。

全台最低設定に該当する閉め日に関しては、
打つべき日、打ってはいけない日のページで
詳しく書いていますので、
閉め日に打たない利口な方には関係の無い話です。
今回の話は、平日の通常営業以上の話です。

大型店になると、500~700台規模になる訳で、
毎日全台設定を変えるのには非常に手間となるのは必然です。
バイトや店員が帰った後に設定変更する訳ですから、
既に時間にして午前様です。
最小の手間で、最大の効率を得る様に設定変更します。

全台の内、釘を打ち、設定を入替えるのは1割未満です。
500台あるお店だったら、変更は50台程度となります。
残りの9割は、何も変わっていません。据え置きです。

台の稼働率、ハマリが出た時間帯で、
その後の稼働率や1日の大当たり回数は
全く変わってきますので、据え置き9割でも問題ない訳です。

しかし、本当に勝てる台と言うのはハッキリ分かります。
ジャグラーみたいなAタイプならなおさらです。
ビッグ確率(総回転数÷大当たり回数)200分の1以下の台です
稼働率が高い店だと設定の確率に収束していくので、
なおさら閉店前には、設定が分かる様になります。

全台チェックする必要はありません。
200分の1以下の台の位置だけチェックしていきます。
そして、その高確率(高設定)の台の
配置の変化だけをチェックしていきます。

その店、その店長ごとに配置の癖と言うものが存在します。
最初にお伝えしたようにお店側は、
最小の手間で最大の効率を出さなくてはいけません。
その効率は、配置パターンと言う形で癖が現れます。

真ん中付近の3台で高設定をぐるぐる配置したり、
4つ角内どこかの端から2番目を1日置きに高設定を配置したり、
2台おきや3台おきに右に高設定をずらしていったり・・・
店内のレイアウトに合わせて、魅せるパターンがあります。

これを、1ヶ月以上のスパンでチェックしていくと、
パターンが見えてきます。
そして、高設定台の事前予測が出来ていきます。

こうすることで予測して勝てるという事は、
偶然では無い、必然の勝ちを手に入れる事が出来ます。
勝つべくして、勝つのです。

そして、この設定推移チェックはもうひとつメリットがあります。
土日の現実を知ることが出来る事です。
日曜日の閉店30分前に確率チェックすると、
30回以上当たっていても、総回転からの確率が悪い事があります。
ジャグラーで言えば、200分の1以下の台は1つも無く、
30回以上当たっていても、240分の1程度しか無いのです。

ジャグラーはビック1回で、約240回転しか回せません。
つまり、240分の1の台ではレギュラーの回数分でしか
コインが増えていない事になります。レギュラーは約100枚です。
そこから初期投資分のお金が引かれた金額が、勝ち額です。
これが、240分の1の確率の現実です。

話を戻せば、日曜などは240分の1以下の台が
1台も無い時もあるのです。そんな日にどうやって勝つのか?と。

この高設定台の推移チェックは、
お店の出し方、閉め方、イベントや土日の実態が丸裸になる、
正攻法の攻略法なのです。お試しあれ。
PR
▼ バーコード
▼ 注目の情報!
▼ おすすめ情報 その1