忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2017.04.25 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

打って良い台、悪い台 その3

打って良い台、悪い台の考察 
今回はその3としまして、「どこに座るか?」です。

前回の話のつづきですが、
お店の設定帳を覗いた時の話です。

その時36台中、設定3が34台、4が2台だったと、
お伝えしました。そのつづきです。

では、その設定4の2台はどこにあったと思いますか?


答えは、
右側が手前から3番目、左側が9台目(真ん中)です。
つまり、角ではなかったと言う事。

常に考える「くせ」をつける為に、
お店側の立場から角台を考えて見ましょう。

基本は、
「稼動の高い所は、放置」
「稼動の低い所で、見捨ててない所は開放」です。

という事は、昔から「角台は出る」という格言から、
角台は他の台より稼動が高いと言えます。
つまり、お客がそこそこ長時間粘ってくれたら、
どこかの時間帯で自然といくらか箱が積まれている状態が
ある台と言う事です。
(客は初期投資が多く儲かっていません。)
高稼働のマジックです。

機種自体がそこそこ人気のある場合、
角台という、「高稼働の台を無理に開放する必要は無い」
と言えるでしょう。

「角台は、出る」では無く、
「角台は、出ててる様に錯覚する」が正解です。
覚えて、パチンコ仲間にウンチク垂れてみましょうw

逆に言えば、「出ている様に見せれる台」な訳で、 
手っ取り早く、出している「演出」をしたい時などは、
角台の出番です。
例えば、新台入替やガセイベント時、回収日等は、
どこかの角台を1台開放するだけであら不思議。
パッパと出ているホールの演出完了です。
特に回収日は、他の台が徹底回収だけあって、
余計に「角台は出る」と錯覚しちゃうでしょうね。

角台が出る可能性のある日
・回収日のどこか1、2台
・新台入替台の初日(初日が出なければ翌日)
 もしくは、新台入替台の最初の日曜。
と、基本を覚えておきましょう。

皆さんは前頁で伝えた、
出す日に出す機種で打つとするならば、
角台が出る事は考えにくいので、
(出ている演出では無く、本当に出すので、
見た目では無く、実感してもらわないといけない為)
中央よりの台を狙ようにしましょう。
PR
▼ バーコード
▼ 注目の情報!
▼ おすすめ情報 その1